HowTo

HowToSurfskate:サーフスケートに重要なウィールベースについて Vol.1

サーフスケートのウィールベースについて


充実したサーフスケートライフを送るのに大事なキーワードにひとつ ウィールベース。

英語だとWheelBase 又はWBと表記されていて、これがないスケートボードは存在しない(トラックがつかない)重要ポイント。

ほぼ100%表記はインチになります。
センチにしたい時は、インチx2.54=センチ で計算できます。

簡単に説明すると、前と後ろのウィールの間の距離の数字です。数字が大きいほど広く、小さいほど狭くなります。この距離は、足のスタンス幅に関係してきます。

正確な測り方は、トラックホールの内側と内側で測るのが一般的です。ですが、装着するトラックなどにより、実際のウィールの中心と中心の距離は変わってきます。

デッキ選びの時に、ある程度の目安で覚えておくことが大事です。



それでは重要なサーフスケートのウィールベースについて説明していきます。

最低でも15.5以上のウィールベースを選ぶこと。

一般的なスケートボードは14から14.75などプールボードなどでも15くらいなので、普通に考えるとスタンス幅は広めです。探すと良いものが中々見つからないのが厄介でもあります。

どんな波を滑るのにも15.5は必須。
理由は腐るほどあって、説明するのは難しいですが まずは安定感、ターンの感じ。サーフスケートはここからって感じです。

経験上言えるのが、サーフィンとスケートボードのスタンス幅は関係ありません。

えっ!て感じだと思いますが、サーフィンと同じスタンスで乗れるロンスケはサーフィンに役立つとか。それは全部 意味がないです。

悪い例えですが、車の運転上手くなりたいから、本物のハンドルを使ってゲームで練習しています!みたいな…..

ゲームなんでイメージくらいしか掴めないし、ゲーム楽しむなら専用コントローラー使わないとね。

サーフボードは全長175cmくらい ロンスケでも95cmくらいとか。

この絶対的な長さの違うものを、同じスタンスで曲げて練習すること自体 恐らく不可能だと思います。

ロンスケが悪い意味ではありません。ロングにはロングなりのサーフィン感もあり、自分も乗ります。

サーフィンのスタンス幅なんか気にせず、スケートボードを純粋に楽しめば役に立つ!という意味あいです。

で、どうすれば良いのか? それは深く考えないのが大事です。

そして15.5はこう 17はこう って自分の中でウィールベースの違いを体験し理解し、乗りやすい数字を自分で探すのが大事だと思います。

ければクイックに 広ければ長く安定感のあるターンになる性質です

色々と試すのみです。

自分は滑るスタイルや場所でスタンスを大きく変えたりします。デッキを変えずにスタンス幅だけ。

それを可能にする為に、自分で削るサーフスケートは16ポジションも調整できるようにしています。

ターンだけでなくフレックスも変わり、様々なサーフィンの感覚を楽しむのに今は必須です。

ウィールベースとスタイルの関係は別の記事で説明していきたいと思います。



サーフスケートに重要なウィールベースのまとめ

・WB15.5インチ以上
・自分が楽しく滑れるって思うところを探す
・少しでも位置をずらせるデッキを買うか、自分で穴開ける。


ここから先には様々なスタイルが現れてきます。

ハイパフォーマンスなモダンサーフスケート 自分のベストは16.75

魂で乗るオルタナティブサーフスケート自分のベストは18.75

融合+進化のハイブリッドスタイル 自分のベストは17.25

ウィールベースも1つに決めきれない謎の部分が多く、デッキ、トラックなどの影響を受けやすいので、これまた正解はないのかと。

今回は最低覚えておいて欲しい部分を書いたつもりですが、自分でも体で覚えてることを言葉にする作業は難しく、読みにくい文章になっていて申し訳ありません。

長々と読んで頂いてありがとうございます。
サーフスケートには個人差もあり正解はないので、あくまで一人の意見として参考にしてもらえればと思います。




 

ピックアップ記事

  1. 年内数セットのみの販売 最強サーフベアリング ShakaTechnology 最…
  2. 2color Bottom PM Classic
  3. オイルレス最速ベアリングの制作方法について
  4. 2019 最新版サーフスケート専用ベアリング  ShakaTechnology …
  5. PM CLASSIC COMP

関連記事

  1. News

    年内数セットのみの販売 最強サーフベアリング ShakaTechnology 最新モデル

    世界最強のサーフスケートベアリング 最強コスパ&ハイパフォーマ…

  2. News

    史上最悪のベアリングの復旧作業。

    昨年末に持ち込まれた‘‘最悪の使用環境‘‘のベアリング。これはいい勉強…

  3. News

    オルタナティブサーフスケート:乗りたいものを乗りたいように乗るだけ

    サーフィン=突き進む しか見えていなかった若い時に、近所の駐車…

  4. News

    PureMachine x SeaWorthy DryGoods

    28日まで展示しているお店 SEAWORTY DRYGOODS…

  5. HowTo

    オイルレス最速ベアリングの制作方法について

    ShakaTechnologyのベアリングは購入時はオイル多め…

  6. Featured Video Play Icon

    BankSpot

    世界の斜壁から カリフォルニアの巻 by Rikiya Imanishi

    昨年の初め、Shakatechnology Bearing の…

最近の記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. Featured Video Play Icon
PAGE TOP