News

サーフスケートでエアーの話

自分がサーフィンを始めた時代1994年は今とは違って、サーフィンで飛ぶっていうのは少し変態臭のするマニアックな代物でした。
まあ元祖というか、帝王クリスチャンフレッチャー。完全なるオーリーをサーフィンでぶっ放してましたね。

そんな変態な軍団のなかでも、ジャステイン・マティソンとジョー・クリモ この2人は凄かったです。

飛ぶサーフィンに憧れ、飛ぶサーフィンを練習する為にスケートしていた気がします。当時は。

今ではエアーなしでは勝てない時代。誰もが飛ぶし、訳が分からないレベル(笑)完全についていけてないですね。

さてサーフスケートでは、飛ぶためのイメージはバンクの斜面から湧き出てきます。
スケートなんでオーリーしないと飛ばないので、サーフィンの感じとは少し違いますが、似ていると思います。
色んな角度のバンクで飛ぶことで、体に自然とメモリーされてく飛ぶ感覚。
とりあえず飛びまくるしかないです。

写真は本年度の大HITのおもちゃバンクですが、日本で唯一サーフィンと同じ感覚で飛べるバンクもあります。
そう、野川バンクです。

いくつになっても、AIRは究極の憧れであります。
単純に一番かっこいい!!!

そんなAIRをサーフィンでする為に、サーフスケートで飛ぶ。
でも面白いのが、サーフスケートで飛べてもサーフィンでは飛べない。

スケートでサーフィンは上手にはなりません
その辺がサーフスケートの闇というか、一般的な宣伝のしかたによる間違いなんですかね。

ピックアップ記事

  1. PM CLASSIC COMP
  2. PM CLASSIC Edge board
  3. 待望の曲ウィール2019:サーフスケートの未来を変えるマルチウィールの誕生
  4. Waveskates Limited Comprete Model:Surf-R…
  5. PureMachine Classic X

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    BankSpot

    世界の斜壁から カリフォルニアの巻 by Rikiya Imanishi

    昨年の初め、Shakatechnology Bearing の…

  2. News

    PureMachine x SeaWorthy DryGoods

    28日まで展示しているお店 SEAWORTY DRYGOODS…

  3. News

    オルタナティブサーフスケート:乗りたいものを乗りたいように乗るだけ

    サーフィン=突き進む しか見えていなかった若い時に、近所の駐車…

  4. News

    年内数セットのみの販売 最強サーフベアリング ShakaTechnology 最新モデル

    世界最強のサーフスケートベアリング 最強コスパ&ハイパフォーマ…

  5. News

    史上最悪のベアリングの復旧作業。

    昨年末に持ち込まれた‘‘最悪の使用環境‘‘のベアリング。これはいい勉強…

最近の記事

  1. Featured Video Play Icon
PAGE TOP