HowTo

オイルレス最速ベアリングの制作方法について

ShakaTechnologyのベアリングは購入時はオイル多めの安心セッティングになっています。
もともとオイルなしのほうが速いんですが、自分なりのベアリングの育て方を教えます。

新品を7日くらい乗ったら染み出したオイルにホコリがついて汚くなってきました。
こんな感じになったら十分ベアリングを回したって事にしちゃいます。

シールドは片面のラバーシールドなので、尖ったもので引っ掛けると簡単に外れます。
ブレーキパーツクリーナーで脱脂をしましょう。

綺麗になったらドライヤーで余分な水分も飛ばします。


これでオイルアップで終了なんですが…..
ノーオイルでいきます。速さを求めるならオイルはいらないです。
その代わり壊れる確率が爆上がり。とか言いますけど、壊れないです。

慣らし運転でミクロなバリなどを無くしてからがポイントです。

壊れるは壊すが正解だと思います。要はゴミ、ホコリが噛んでしまって壊れますよね。
それを回転の感覚、振動、音で把握できるようにしていれば、大丈夫です。
どうぞお試しあれ。

※違法改造になりますんで、壊れたはノークレームで(笑)

ピックアップ記事

  1. 2019 最新版サーフスケート専用ベアリング  ShakaTechnology …
  2. RFL-EDGE
  3. PM CLASSIC COMP
  4. オイルレス最速ベアリングの制作方法について
  5. PureMachine Classic X

関連記事

  1. News

    年内数セットのみの販売 最強サーフベアリング ShakaTechnology 最新モデル

    世界最強のサーフスケートベアリング 最強コスパ&ハイパフォーマ…

  2. HowTo

    HowToSurfskate:サーフスケートに重要なウィールベースについて Vol.1

    サーフスケートのウィールベースについて充実したサーフス…

最近の記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. Featured Video Play Icon
PAGE TOP